6/21  チュン吉クンの旅立ち?? と アカネサークル



 


チュン吉くん、突然姿を消しました。

チュン吉くん、最近3週間は、こういう場所で過ごしていました。
b0201756_1544345.jpg


反対側から見るとこんな感じ。
b0201756_155317.jpg


元々は、先代のネネの、晩年のくつろぎ場所として作ったもので、
畳を縦に2枚並べた広さです。

屋根と壁の上半分は波板で覆われ、
壁の下半分は金網と防虫ネットで覆われています。

台所から床続きで、屋内と同じように使え、かつ、壁の下半分が
覆われていないため、風や外気が入り、屋外と同じ感覚が味わえます。

蚊も入ってこず、わずかな隙間からは、つる草が伸びてきています。

チュン吉の留まる止まり木も沢山設置したので、
大きな鳥小屋として、うってつけのものだったんですが。

チュン吉くんの餌場。
b0201756_1552022.jpg



b0201756_155364.jpg

鳥餌よりも、虫が大好きでした。


b0201756_1554980.jpg

餌も、前とは違って、餌を入れたお猪口を横にして置くと、自分で啄ばんで
いました。


声がチュンチュン聞こえるので、狙っている奴がいます。
b0201756_15657.jpg


b0201756_1561788.jpg

しつこい奴です。毎日、家の外で見張っています。


b0201756_1563379.jpg

孫達の家にもお披露目に行きました。


手でくるむと、こんな感じ。
b0201756_1584860.jpg



b0201756_159572.jpg

虫を啄ばむチュン吉くん。


b0201756_159182.jpg

「虫はここにいるんだな。」


b0201756_1593316.jpg

「早く蓋開けてよー!」


b0201756_1594487.jpg

「蓋開けてくれるまで、ここで待っているから。」



待てない時は、容器の中に入って直接木屑の中から虫を啄ばみます。
b0201756_1595671.jpg



チュン吉くんの、可愛い姿特集。

コーヒーカップの水滴を飲むチュン吉くん。
b0201756_15101085.jpg


アカネネパパの足で遊ぶチュン吉くん。
b0201756_15102084.jpg


b0201756_15103674.jpg



b0201756_1510489.jpg



b0201756_15121894.jpg



b0201756_15122938.jpg



b0201756_1512396.jpg






4日前、朝起きたら、チュン吉くん、この小屋に居ないんです。
物陰に隠れていないか、出てこれなくなっていないか、懸命に探しました。

どこにも出るところはありません。どうしたのでしょうか。
敷物や机など全部撤去して探すこと10分。

判りました。

波板とフレームとの間に、波板の止め方のムラにより出来た、チュン吉が
スポッと入るような隙間がありました。ここから出たに違いありません。

早朝だったと思います。落ちるようにして出たところは草が生い茂った
土の上。そこから、ピョンピョンと飛べば道路の上。ここから無事に
飛び立って行ったものだと思いたい。

家の中で飛んでいる分には、まだ野生で生活していくには十分な飛翔力が
あるようには見えませんでしたので、近くの公園に連れて行って訓練を
しようと思っていました。
しかし、狭かったから飛びにくかっただけで、飛ぶ力は十分にあったの
かもしれません。

その後、気になって、盛んにチュンチュン鳴いている雀たちをよく観察
すると、体の大きな大人の雀に混じって、チュン吉のような小さな子供と
思われる雀たちも電線に留っていて、その小雀たちも飛び立つと見事に
飛んでいきます。

チュン吉も、あのように飛べるようになっていたのかもしれません。
まあ、何とかうまくやっていけてると思うしかありません。

一応念のため、小屋の外に、餌場を造って、そこに水と餌を毎日置いて
いますが、来ている気配は今のところありません。


こうして、チュン吉の保護生活は、突然終わりを告げました。
ちょっと不完全燃焼なところはありますが、チュン吉との生活は
楽しかったです。

また同じようなことが起きたら、どうするんでしょうか?

やはり、ここは猫がとても多い環境にあるので、”誤認保護”と
言われても、取り敢えず保護するしかないように思います。




さて、アカネさんの様子です。
b0201756_1513135.jpg



夜の徘徊対策の為に、”アカネサークル”を作りました。
b0201756_15131444.jpg


b0201756_15132865.jpg



中央の<島>で”座礁”中です。
b0201756_15134152.jpg



このサークル、実は八角形で、アカネネパパの手作りです。
材料費7000円なり。

b0201756_15135577.jpg

この柱が8本。ありあわせの木材で135度に開いた柱を作り、
そこに屋根などに使うアルミフレームを、その形状を活かして
応用して取り付けます。


b0201756_1514931.jpg

壁面は、押し入れ用のスノコをベースにして8個作り、柱のアルミ支柱に
上からスライド式に差し込みます。ねじ止めの構造にすれば、柱も壁面も
工作がはるかに簡単だったのですが、止めるネジの数が最低でも32本
必要で、毎日組立・解体をする手間を考えれば、スライド式の組み立て方式
にする必要がありました。


コーナーはこんな感じ。
b0201756_15142457.jpg



b0201756_15143827.jpg

「ボク、中に入っちゃいけないの?」


実使用状態では、八角形の一部を開放して部屋の隅と組み合わせたスペース
にして使っていますが、まあまあ作った甲斐がありました。
サークル部分以外では、やはり引っかかって動けなくなって<助けて>の
泣きが入るのですが、サークル部分では、思ったより順調に壁面に沿って
お尻を引きずりながらですが徘徊してて、引っかかりません。


アカネさん、夜泣きは薬を増量してから一段落していますが、
オシメの交換、1日4~5回と増えてきており、お尻部分の洗浄・シャンプーも
毎日1~2回必要です。

このへんは大変とは思わないのですが、心が痛むのが、<散歩>です。

前足も後足も筋肉がもう殆どなく、後足は持ち上げて歩かせても、骨が
コリコリと鳴り、もう心配で長い(400~500mくらい)距離を歩かせる
ことは出来ません。100~150mくらいを日に1回~2回で、持ち上げる
肩の負担は減りましたが、外を歩くというアカネの気分転換の時間が
短くなったのがとても残念です。

家の周りはコンクリート道路ばかりなので、これからは、長い距離の
散歩が楽しませられないのなら、車で近くの公園まで連れて行き、
その公園の芝生の上を少し歩かせて、また車で帰ってくるということも
考えています。


さて、幸丸は相変わらず元気ですが、
チーちゃんは、最近は2階の部屋に<引き篭った>ままで、殆ど降りてきません。

呼んでも来ないので、食事も、おやつも、ガムも、歯磨きも、みなアカネネパパ
が2階に<届けて>います。<深窓>のお嬢様みたいですよ。

最近は、両者妥協して、食事とおやつは真ん中に当たる階段の中段において、
そこで食べています。歯磨きは勿論好きでは無いので当然ですが、ガムも
パパが2階まで届けてくれなければ、やら無くても良いと言うんですね。

ちょっと面白い犬でしょ。あまり居ませんね、こんな犬。


[PR]
by akanenepapa | 2013-06-21 15:03 | 我家のワンコ達


アカネとネネの家に溶け込んだ保護ワンコの日々


by akanenepapa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
幸丸
アカネとチー
幸丸とロッキー
ブランカ
我家のワンコ達
アカネ
ロッキー
千葉わん
チーちゃん
タケル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ブランカとのお別れ
at 2016-06-28 19:12
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 20:05
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:52
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:37
2016年  謹賀新年  2..
at 2016-01-02 00:05

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧