<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

湘南犬親会初参加を控えて 

 
10月3日は湘南犬親会初参加の日です。

天気が少し悪そうなので少し心配です。

もう一人、ここに心配そうなヒトがいます。

b0201756_2042085.jpg


b0201756_205576.jpg


b0201756_2052852.jpg



期待しているヒトがもう一人。

b0201756_2055336.jpg




b0201756_2062146.jpg


b0201756_206435.jpg





おまけ、植物のようなラクータのしっぽです。

b0201756_207578.jpg



10月3日湘南犬親会にお越しください。
b0201756_21473623.jpg


[PR]
by akanenepapa | 2010-09-30 20:04 | ロッキー

ラクータ ドッグラン初体験

 
久し振りにドッグランに行きました。

b0201756_1441561.jpg

とりあえず3匹揃い踏みです。チーちゃん嬉しそうですね。

b0201756_1474754.jpg


b0201756_1481031.jpg



b0201756_1427126.jpg



b0201756_1410834.jpg


b0201756_14102383.jpg


かなりのピンぼけですが、飛ぶようですね。

b0201756_14104299.jpg


b0201756_14105912.jpg


お尻が上がって、ちょっとまだ走り方が変ですね~。

b0201756_14111593.jpg


何気ない写真ですが、実は3匹を1枚の写真の中に納める

のは大変なんです。

b0201756_14113213.jpg


b0201756_1412153.jpg



[PR]
by akanenepapa | 2010-09-27 14:04 | ロッキー

いたずらっ子 ラクータ

 
今日は、ラクータのイタズラです。

まず、ケージや家の中のフェンス類へのガジガジです。

b0201756_20454620.jpg


b0201756_20462146.jpg


b0201756_20464071.jpg


b0201756_20465764.jpg


b0201756_20471914.jpg



次は2階のフェンス編です。

b0201756_20473772.jpg


b0201756_204885.jpg


もっと下の、幅の広い部分から入れたんでしょ!

同じところから出さなきゃ!



と、言っても、

b0201756_20482965.jpg


で、引き出すのに2人がかりで苦労しましたよ。



このままだと、誰も居ないときにハマってしまったら

大変だし、



で、結局、20年以上、いつも家の犬たちが過ごしていても

問題無かった2階ベランダのフェンスは、

b0201756_20485464.jpg



このように、全面ネット張りにしましたよ。


ああ、手間が掛かる!?


b0201756_20491429.jpg



[PR]
by akanenepapa | 2010-09-24 20:45 | ロッキー

ラクータの性格 その2


 
ラクータの子犬っぽさは、いろいろなことが未経験であろう

ことからも覗えます。

b0201756_2324546.jpg


まず、拾い食いがあまりありません。匂いを嗅ぐものの、

食べるまではしません。多分、食べられるかどうかの

判断がつかないように思えます。

b0201756_2324275.jpg


次にドライフードはガツガツあっという間に食べてしまいますが、

おやつの牛皮のガムなどは食べるのが遅いです。奥歯がまだ

あまり上手に使えないようです。

b0201756_23244818.jpg


散歩のときなど、近くをバスや大型のトラックなどが通ると、

巻き起こった風にたじろいでいます。

b0201756_23251068.jpg


また、進行方向の前方から子供たちの歓声や、建築現場の

ガンガン、ダンダンという機械音が聞こえてくると、前に

進むことを拒否します。

b0201756_23255023.jpg


これらの現象は、怖がりと言うより、経験の無さを示している

ように思います。

先住犬や、他の犬との関係も、大人と大人の関係になった

ことが無いため、相手が迷惑そうな顔や態度をしていても、

お構い無しにじゃれ付き、迷惑がられています。

b0201756_232688.jpg


こんなラクータですが、これからのしつけを含めて、終生、

その長所・短所も含めて可愛がっていただける犬親さんを

募集しています。

b0201756_23262446.jpg



[PR]
by akanenepapa | 2010-09-21 23:23 | ロッキー

ラクちゃんの性格 その1

 
今日はラクータの性格です。

よく保護犬にありがちな人間不信とか、極端な怖がりとかが一切

ありません。仮パパの推測ですが、多分前の飼い主は少し前まで

子犬だった時のラクータを可愛がっていたのだと思います。

無邪気で甘えんぼであるところが、それを示していると思います。
b0201756_227718.jpg



ただ多分1歳前後で、子犬から大人になっていく過程で、飼い主の

思惑がはずれて、思ったより体が大きくなり、力も強くなり、

ラクータをコントロールしていくのが面倒くさくなり棄てたん

だと思います。ですから、かなり痩せてはいたものの虐待までは

されていないようです。

今は、体が成犬、精神年齢が子犬の状態で、全く無邪気、散歩の

時は、優しい顔をして見つめる人には誰にでもシッポふりふり

近寄っていき飛びついてじゃれ付きますし、又どんな犬にでも

見かけるとグイグイとリードを引っ張り近づき、「遊ぼう!、遊ぼう!」

と飛び掛ります。

「シャー!、シャー!」と威嚇している猫にでも、「遊ぼう!、遊ぼう!」

と、シッポふりふりです。怖いものなど全く無いようです。
b0201756_227453.jpg



一方、性格はとても素直で、家でもイタズラなどは「ダメ!」という

一声で止めます。いまのところ躾けはまだまだですが、しつけはしやすい

子だと思います。

甘噛み、木やプラスチックをガジガジ噛む、散歩中他の犬に飛びつく

などが現在の問題ですが、ともかく可愛がってくれる飼い主と、安住できる

家が出来る頃には落ち着いてくるのではないかと思います。
b0201756_228759.jpg


b0201756_228194.jpg

[PR]
by akanenepapa | 2010-09-19 22:05 | ロッキー

ラクータ VS チーちゃん その2

 
バトルの続きです。
b0201756_1735148.jpg


b0201756_17362668.jpg


b0201756_1737461.jpg


b0201756_17373478.jpg


b0201756_17375768.jpg


b0201756_1738217.jpg




そこへアカネちゃんが通りかかり、
b0201756_17403797.jpg


b0201756_17405866.jpg


b0201756_17412022.jpg




と、言うことで水入りになりましたが、
b0201756_1742359.jpg




まだ不穏な空気が漂っています。

b0201756_17431324.jpg


b0201756_17433461.jpg



ちょっと押され気味のチーちゃん、危うし。

いつまで続くこのバトル?


[PR]
by akanenepapa | 2010-09-16 17:35 | ロッキー

ラクータ VS チーちゃん その1

 
先住犬と一緒に顔を合わせる前のラクータです。
b0201756_1882483.jpg

b0201756_1885146.jpg


2階との階段の途中にある「関所」に、背の高い

ラクータのために、安普請の板が取り付けられています。

悪い冗談のような関所ですが、ラクータの表情を見ると

必ずしも居心地の悪いものではないようです。

何故なら2階の一部屋とベランダが与えられているからです。
b0201756_1891770.jpg




さて、1階のとっても狭い居間にラクータ登場。

早速チーちゃんのチェックが入ります。
b0201756_1893862.jpg


その後、向かい合って、
b0201756_1810334.jpg

なにやら、不穏な気配。チーちゃんの目が笑っていません。

b0201756_1811089.jpg


にらみ合いに負けて、伏せて引き気味のラクータ。
b0201756_18111612.jpg

b0201756_1811287.jpg

その時、ラクータの目がキラリと光る。

b0201756_18114325.jpg


b0201756_18115797.jpg

ちょっと下から様子を伺ったとおもうや、
b0201756_18121176.jpg

戦闘態勢に入るラクータ。

b0201756_18131146.jpg

ちょっと雰囲気が変わりました。

b0201756_18132678.jpg

おー、いきなり始まりました。

b0201756_18134111.jpg

両者、立ち上がった!

b0201756_1813596.jpg

b0201756_1814114.jpg


<続く>


[PR]
by akanenepapa | 2010-09-15 18:07 | ロッキー

去勢手術の後

 
結局、ラクちゃんは手術や病院は楽しいものでないことを

思い知らされました。



しかも、病院ではカラーはしなくても良いと言われて

いたのですが、心配性の仮パパにつけられてしまいました。
b0201756_1943418.jpg

b0201756_19432891.jpg





災難はラクちゃんだけではなく、先住チーちゃん、アカネちゃん

も同じようです。あまり歓迎されていないようです。

b0201756_20131458.jpg

b0201756_1944736.jpg



で、結局、しばらくは、時々カラーをはずして、仮パパを相手に

<ハムハム>、<カムカム>、<ガジガジ>で遊ぶことに。
b0201756_1947404.jpg

b0201756_1947586.jpg

b0201756_19481132.jpg



甘噛みとはいえ、少し痛いよ~。

仮パパも災難です。


[PR]
by akanenepapa | 2010-09-12 19:42 | ロッキー

ラクちゃんのちょっとした災難の日

 
おとといは去勢手術の日でした。


ラクちゃんは車が好きなので最初から行く気満々です。
b0201756_23442829.jpg


楽しみのようにも見えますね。
b0201756_02332.jpg


b0201756_011387.jpg


b0201756_031624.jpg


b0201756_033955.jpg


でも、
病院に入るとちょっと不安そうです。
b0201756_044465.jpg


待合室をウロウロ、ウロウロしてから、
b0201756_055271.jpg


さあ、手術がはじまりました。

順調なら15分もあれば、タケチャンのように、

「何があったの??」と、いう顔で

元気で診察室を出てくるはずです。



でも今日はちょっと嫌な予感あり。



果せるかな手術後10分くらいしてから、ラクータの悲鳴が

聞こえて来ましたよ。それもず~っとず~っと続くんです。



我が子の手術を見守っているかのような気持ちで

悲鳴を聞いているのはとてもつらい。落ち着かない。





大幅に遅れて40分後に手術室から出てきた姿は

b0201756_014899.jpg


ぐったりしていて、意識が無いが、悲鳴のような叫び声は

ずっと続いています。



T病院では吸引麻酔でやるので、手術後すぐに麻酔から

覚めるのが普通ですが、ラクータの場合吸引麻酔の効きが

悪かったので、さらに注射麻酔もやったとのこと。



この叫び声は、麻酔から覚めるときの声だとのことでしたが、

聞いているのがつらい声でした。

結局数時間かけてゆっくり覚めていくということで、

車に寝かせて連れていくことになりました。



仮ママと二人で来ていてよかったよ~。

ラクータの気道を確保するために首が曲がらないように

注意して介護が必要で、とても一人で運転しながらでは

不可能でした。



結局車の中では、こんなんでした。
b0201756_0244451.jpg


1時間半経って、仮ママの膝枕に乗れるまでに。
b0201756_026125.jpg



何回も寝がえりをさせた方が良いということで、ちょくちょく

車を止め、ゆっくり2時間かけて帰ってきました。



4,5時間で完全に覚めて、後は楽かなと考えていましたが、

これが大変。



頭が少し覚めるとおぼつかない足で立ち上がろうとする。


これが危ない。どう倒れるかわからず、転倒、頭を打つ、物に

体を打ちつける、骨折。捻挫だって無いとは言えない。



結局、ほぼ完全に覚めるまでに8時間以上かかりました。

仮パパと仮ママで交代でつきっきり介護・看護していましたよ。



立ち上がろうとするのを、抱きかかえて座らせる。

本人は本能的に無意識に立ち上がろうとするので、

それをなんとかなだめながら落ち着かせるんですが、

これが結構大変。8時間びっちり張り付いていましたよ。



大変だったのは、仮パパ、仮ママの方だったかも。

夜10時ころになって、ほぼ平常に戻り一安心。

つかれた一日でぢだ~。

(続く)

[PR]
by akanenepapa | 2010-09-09 23:45 | ロッキー

ラクータ二重の幸運、そして悲しい別れ

 

ラクータを幸せにしなければと、今、つくづく感じています。

ラクータの幸運は、千葉わんに助け出されただけでは

なかったのです。

先月19日に最終収容日の部屋から救出が決まり、

検疫にかけられた犬は3匹いました。

b0201756_21325171.jpg

千代丸、ラクータ、茶々丸です。

b0201756_2133346.jpg

飼い主に持ち込まれた7歳、40Kgくらいの秋田犬千代丸も

ラクータの隣で盛んにアピールしています。


b0201756_21334895.jpg

検疫室でも隣り合わせです。

b0201756_21335955.jpg

茶々丸も千代丸の隣の検疫室で、3匹隣り合わせでした。



それが、

千代丸は結局引き出されませんでした。


4日後に感染症を発症し、嘔吐と下痢に苦しんだ末

2日後に亡くなりました。

引き出し予定のモカママさんの悲しみは

いかばかりだったでしょうか。

b0201756_21341061.jpg

名前までつけられて、これから幸せな犬生を約束されながら

不運にも果たせなかった千代丸と、悲しくも引き取り手がなく

処分されてしまった犬たちの冥福を祈ります。



同時に、同じ部屋で何日も一緒に過ごし、

検疫室でも隣り合わせだったラクータと茶々丸。

幸運にも感染を免れ、無事愛護センターを出られたんだから

2匹ともこれから他の犬たちの分まで幸せになろうね。





[PR]
by akanenepapa | 2010-09-07 21:32 | ロッキー


アカネとネネの家に溶け込んだ保護ワンコの日々


by akanenepapa

カテゴリ

全体
幸丸
アカネとチー
幸丸とロッキー
ブランカ
我家のワンコ達
アカネ
ロッキー
千葉わん
チーちゃん
タケル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ブランカとのお別れ
at 2016-06-28 19:12
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 20:05
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:52
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:37
2016年  謹賀新年  2..
at 2016-01-02 00:05

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧