<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

10/3  秋、アカネ、幸丸



 


さて、すっかり「月刊」アカネネの家 になってしまいました。


この1ケ月はいろいろありました。

9月の初めに、アカネが2日連続で発作を起こし、去年の麻痺発症以来行きたく

ないと思っていた病院についに行くことになりました。

血液検査とレントゲンだけの短時間の検査だけにして、発作を抑制する薬と、

夜の徘徊・夜泣きを緩和するための精神安定剤をもらって来ました。


b0201756_1954437.jpg



処方された量を飲ませて見たところ、薬が効きすぎて、ほとんど丸一日、後足が

立たない状態になり、歩くこともままならなくなりました。もともと、後足は

自力で体を支えられるほど力強くはなく、介護ハーネスで持ち上げてやって、

ようやく歩けるのですが、この時は、後ろ足を持ち上げても、下半身全体に

力がなくグニャッとしていて、前足が前に進みません。

一歩も歩けない状態になりました。

その後は、毎日様子を見ながらの試行錯誤で、薬の量を調整しながら、効果と

副作用の間を勘案しながらの投薬です。


b0201756_1955212.jpg



そうこうしているうちに、今度は、大量の水を飲むようになり、大量のオシッコを

するようになりました。尿検査をすると、比重がとても低く、「尿崩症(にょう

ほうしょう)」であることがわかりました。

それも原因は、治療しにくい中枢性尿崩症らしいのです。下垂体に原因がある

らしいのですが、対処しにくく困ったなあと思っていたら、今は点鼻薬がある

みたいですね。

これは人間用の薬と全く同じで、犬の場合には、点鼻では効かないので(マズルが

長くて脳まで距離があるためか?)、点眼します。ここ1週間くらいの効果では、

少し効いているようで水を飲む量も減ったし、比重も少し上がってきました。

このまま改善されてくれれば良いのですが。


b0201756_19554039.jpg



参考までに、この点鼻薬(点眼薬)、1本2万円します。2週間くらいで使い

切りそうです。人用に病院でもらう場合には保険が利くので6000円くらい

になりそうですが、それでも高い薬ですね。

アカネさん、夜はついに毎日オシメが必要になってしまいました。1ケ所にして

くれるなら良いのですが、少しづつ漏らすようにして、歩き回るので、床には至る

所にシーツやトイレシートを敷いているのですが、それら引き摺る足で捲り上げ

ながら歩き回るので、どうしても床が汚れてしまいます。

床は床で、ジュータンの裏側に防水シートを二重に張り対策はしていますので、

それほど困ってはいませんが、なにせ毎日洗い物が多くなります。


b0201756_19555994.jpg



まあ、毎日洗濯機を1回まわせば、全自動ですからそれほどの負担にはならない

のですが、まあ室内のオシッコ臭さを少し緩和したいと思い、オシメすることに

なりました。




さて幸丸とアカネネパパの間は更に親密になりました。

キューピッド役は雷です。



b0201756_19561511.jpg



ついにフトンの上にまで乗ってくるようになりました。



b0201756_19573083.jpg



寝室に入れないと、必死になって、フェンスも力づくで乗り越え、

下手すると、玄関のドアの前のタタキに陣取ることもあり、

離れのプレハブに住むおにいちゃんが、うっかり外側からドアを開けた場合、

雷のなっている屋外に飛び出すかもしれません。



b0201756_1957444.jpg



まあ、こうして、私と一緒にいて甘えていると、不安も安らぐようで、

これが一番落ち着くようです。


b0201756_1957543.jpg



アカネネパパとしても、普段はともかく、雷の時には注意が必要で、

同じ部屋の中で、目の届くところにいてくれるのが一番安心できます。



b0201756_1958690.jpg



普段は、「まったく」、「完璧に」イタズラや困る行動はとらない幸丸クンですが、

雷パニックの時は、必死になって音から逃れようと「外」へ向かう危険性があるので

目が離せません。



b0201756_19583767.jpg




そうそう、話は変わりますが、幸丸クン、うちに来て1年と7ケ月になりましたけど、

いまだに、元の飼い主の姿を追い求めるところがあります。



b0201756_19582658.jpg




今日も、スーパの駐車場で、ワゴン車の後部ドアから物を降ろしている女の人が

いたのですが、幸丸は行き過ぎてから、立ち止まり、向きを変えてジッとしばらく、

「あれー、ママさんじゃないのかなー?」と確認するかのように、見つめていました。


b0201756_19585025.jpg



それなりに可愛がられていたんだなー、と幸丸の気持ちを考えると、

少し切なくなりました。

1歳か2歳くらいでうちに来た子達は、誰も前の飼い主の姿を探す素振りは無かったの

ですが、やはり、3歳~5歳くらいまで飼われていれば、そう簡単には忘れられない

ものなのですねー。
[PR]
by akanenepapa | 2012-10-03 19:47 | 我家のワンコ達


アカネとネネの家に溶け込んだ保護ワンコの日々


by akanenepapa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
幸丸
アカネとチー
幸丸とロッキー
ブランカ
我家のワンコ達
アカネ
ロッキー
千葉わん
チーちゃん
タケル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ブランカとのお別れ
at 2016-06-28 19:12
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 20:05
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:52
「ブランカとアカネネパパの1..
at 2016-06-23 19:37
2016年  謹賀新年  2..
at 2016-01-02 00:05

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧